薬日本堂 有機 田七人参を飲んでみました

有機田七人参

今回お試しするのは、薬日本堂の有機 田七人参です。
この薬日本堂は1969年創業と50年弱の歴史を持ち、あのか〇だ巡り茶を共同開発した漢方専門店なのです。

 

この田七人参、初めて聞く方も多いかと思います。お試しする身でなんですが、実は私も初めて聞きました…。

 

最近メジャーになってきた高麗人参とは何が違うかというと
・高麗人参は朝鮮由来、田七人参は中国由来
・高麗人参は日本でも栽培が可能だが、田七人参は中国南部の標高1200〜1800mでしか栽培できない
・田七人参には、巡り成分であるサポニンが高麗人参の2倍以上含まれている

 

そのため、年齢からくるどんよりとした毎日をどうにかしたいと思っている方々から注目を集めている食品です。

薬日本堂の有機 田七人参の公式HPで詳しく見てみる!

薬日本堂の田七人参サプリのここが凄い
農薬不使用の完全有機栽培

有機田七人参

土地はもちろん、防虫や雑草対策など通常は農薬を使用する場面でも手作業を行っています。
更に原料の受け入れから出荷まで、徹底した安全管理を行っているGMP認定工場で加工されているので、安心して飲むことができます。

40頭(中国独自の大きさの分類法)を使用(頭数が小さいほど貴重な田七人参)

小さくても大きくてもサポニンの含有量が少なくなってしまう田七人参。効率よく摂取するのに最適な40頭サイズを選別して使用しています。

原材料は有機田七人参のみ

通常は粉末を錠剤にするためには、結合剤や胃で溶けやすくするための崩壊剤が必要になります。しかし漢方専門店としての技術により、まざりっけなしで錠剤として固めることに成功しました。

1日の目安量4粒にサポニン120mg配合

他社の田七人参使用サプリと比べても、高含有のため効果を感じやすいです。

 

有機 田七人参を実際に飲んでみました

有機田七人参

袋を開けると、土っぽい香りがしますが、これは敢えて袋に鼻を近づけたからで普通に取り出す分には、そこまで漂ってくるわけではありません。

 

恐らく私だけだとは思うのですが、この土っぽい香り…ずっと嗅いでいると何故かチョコ(カカオ高濃度のタイプ)を思い出して、意外とずっと嗅いでいたくなりました(笑)

 

粒は直径5o程度の円形で、厚みは2o程度なので、何粒かいっぺんに飲んでも喉につっかえるという事は少なそうです

 

舌に乗せると香り同様、土っぽい独特の苦みを感じます。我慢してずっと口に含んでいると、キャンディーのように徐々に溶けていきます。これは添加物を含む他のサプリでは起こらないので、田七人参100%というのがよく分かります
また歯でちょっと噛むだけで、ほろっと崩れて口の中に粉が広がります。舐めるにしろ噛むにしろ、とても苦く思わずしかめっ面になってしまったので、さっさと水で飲みこむのがおすすめです…。

薬日本堂の有機 田七人参を飲み続けてみて

サプリは食品に分類されるため、1袋(1か月)飲み続けて、ここが劇的に変わった!というほどの効果を実感するのは難しいと思います。

 

ただもしかして、田七人参のおかげかな?と思うことが…。

有機田七人参

私は編集部の中でもぶっちぎりの寒がり・冷え性で、初秋には指先が冷たくなり、キーボードの打ち間違いが増えます(笑)

 

家でも私だけいち早く毛布のお世話になるのですが、今シーズンはまだ毛布を出さずにいました。別にやせ我慢をしているわけではないのですが、無くても寒くて目が覚めるということがありません。
やはり高麗人参よりも、巡り成分・サポニンが高含有だからかな?と思いました。

 

またリズムによって1か月に数日は、朝起きられない・やる気が出ない・日中もぐたっとしている日があったのですが、薬日本堂の有機 田七人参を飲んでいた時期は、この症状に見舞われることが少なかった気がしました

 

毎日ピンピン・イキイキ…とまではいきませんが、1か月間大きな波がないというのは本当に過ごしやすいなと感じました。

薬日本堂の有機 田七人参が向いているのは…

有機田七人参

・これまで高麗人参のサプリを飲んでみたけど、これと言った改善の兆しが見られなかった
・他社の田七人参サプリでは納得できない
・より高純度、添加物はできるだけ摂りたくない
という方にこそおすすめの薬日本堂の有機 田七人参サプリ。

 

稀少価値・栄養素・安全性、どれも高い田七人参を手軽に摂取できるのは、さすが漢方専門店ならではです。

薬日本堂の有機 田七人参の公式HPで詳しく見てみる!

更新履歴